ドクター・オブ・カイロプラクティック(D.C.)

真の健康は、正しい「背骨」と「姿勢」から

営業時間

平日     10:00~20:00
土日祝  10:00~18:00

定休日

水曜日

完全予約制/予約優先制(当日予約OK)

03-3953-9995

運動

体を動かし鍛える習慣を!

"運動"でムキムキな筋肉ボディーを作ろうとかアスリートを目指そうとかではありません。

いくつになってもメタボやロコモにならずに元気に生き抜くために、常に体を動かし鍛える習慣を持って欲しいということです。
 

仕事・家事・学業などが忙しいと、体を意識的に動かさなくなりがち。

やがて筋力が衰え、姿勢が崩れます。その姿勢の崩れが首こり・肩こり・腰痛・股関節の痛み・膝の痛み・自律神経失調症など体のトラブルの原因となります。

また、大人になると外で飲み食いする機会が多くなります。外食で摂取カロリーが増える一方で、意識的に体を動かさなければ運動の機会が減り、代謝も悪くなり、吸収した余剰エネルギーが体内に蓄積され続けます。

腹が出る・背中に肉(脂肪)がつく・二の腕がたるむ・お尻が昔より大きくなる・脚が大根のようになる、など肥満への道筋を辿ることになります。俗に言う、中年太りですね。
 

「筋肉のコリ」「関節の痛み」「肥満(肥満そのものは体のトラブルではありませんが、肥満で腰・股関節・膝を悪くしたり、脳血管障害になります。)」など体のトラブルを防ぎ、いくつになっても自分のやりたいことをするには体力が必要です。
 

そのためには、

「体を動かし鍛える習慣」は欠かせません。
 

普段から体を動かす習慣のある方は、そのまま継続していただき、全く体を動かす習慣のない方は、少しずつ体を動かし鍛えていただきたい!!


では、忙しい人や体を動かすのが苦手な人は、体を動かす習慣をどう作ればいいのか?
 

「体を動かすにはスポーツクラブに行かなくちゃ」と思う方もいるでしょう。

何も、スポーツクラブの勧誘文句に乗せられて会員になることだけが、体を動かす機会をつくる方法ではありません。

自分の置かれている環境や年齢によって異なりますが、基本的には、1日の中で、ながらでできる運動をして、時間の取れるときに適度に体を動かす(ウォーキング・ジョギング・水泳・かんたんな体操・踊りなど)スタンスがいいでしょう。

「自分の生活している空間そのものがジム」と思ってください

チョッとした工夫で、いくらでも筋肉に刺激を与えて、体を活性化できます。

 

まずは、ながら運動から始めましょう。

 

いくつか例をあげます。あくまで例です。

忙しい中でも、工夫すれば運動する機会は見つかるはずです。

  • 通勤・買い物・お出かけなど、できるだけ歩く。だらだらと歩くのではなく、ピッとしてやや大股に歩く
    →車・原付バイク・自転車などについつい頼りがち。しかし、それではふくらはぎが刺激されず下肢に留まる血液が心臓に戻りにくくなります。太もも・ふくらはぎ・足裏を意識し、脚全体を大きく使いましょう。
     
  • 膝に問題がなければ、エレベーター・エスカレータより階段を使う
    →太ももを鍛える
     
  • 電車の中で、スグに座らない
    →立って脚を鍛える、電車の揺れに耐えることで筋肉を使う
     
  • テレビを見ながら体を動かす(ストレッチ・軽い筋トレ・肩回し・股関節回しなど)
    →ストレッチ用のマットを用意すれば、いろんな運動が可能
     
  • 風呂上りや就寝前に5分〜10分ストレッチする習慣をつくる
    →一日の疲れをリセット。温まった後は、筋肉が伸びやすい
     
  • 資料を読むなど、立ってできる事は立って行う
    →ずっと座りっぱなしを避ける
     
  • 1時間以上仕事をしたら休憩をとり、5分〜10分体を動かす(特に肩甲骨周り・腰周り)
    →座りっぱなしを避け、筋肉を休め血流をよくしてあげる
     
  • ヨガの立ち木のポーズ(片足立ち)で歯を磨く
    →脚を鍛える

など

こんなので運動なの??と思う人もいるでしょう。こんなことでいいんです。

チョッとした股関節・膝を曲げ伸ばしする、歩く、筋肉を鍛える習慣があるかないかで、体のキレや疲れ具合が年齢を重ねるにつれて、全然違います。

小まめに体を動かすのを習慣とし、願わくば、何か好きなスポーツを生涯の趣味として続けるといいでしょう。

本ホームページでは、そんなに沢山ご紹介できませんが、肩こり・腰痛予防改善のため、また、皆様が体の機能を高めるために、ご家庭や職場で簡単にできる体の動かし方を少しずつ記述していきます。

目白で整体【目白ファミリーカイロ】

「歩く」を考える

「歩く」という動作は、基本的な人間の動き。
 

ですが、同じ歩き方をしている人は中々いません。

基本的な動きすぎて、正しい歩き方を意識する人は少ないです。

 

歩き方にもいい型があります。
 

いい歩き方をすれば、それがいい運動になります。

歳をとってもスタスタと軽やかに早く歩けます。
 

逆に正しい姿勢・フォームで歩かなければ、脂肪は燃焼しないし、ヒドイと股関節・膝・足首を痛めます(機能をうまく使えないことにより組織が硬くなり痛みを帯びてくる)。

そうなると歩くのが億劫になり、自転車や車に頼ってばかりの生活に。

すると、ますます歩かなくなり、たまに歩くと腰が痛い・股関節が痛い・膝が痛い・足裏が痛い、な~んてなります。

歩かない生活を送ると、心疾患・脳血管障害・認知症のリスクが格段に高まります。
 

健康リスクを避けるためにも、自分の歩き方を再考して下さい。

歩き方の基本

いい姿勢・いいフォーム・歩きやすい履物で歩く

  • 目線は高く・頭を立てる
  • 胸を軽く開いて肩の力を抜く。背筋を伸ばす
  • 軽くお腹に力を入れる
  • 脚を大きく使う・やや大股歩きで
    →おへそからから脚を動かすイメージで。かかと又はつま先で着地し
    親指で地面をける。足の裏をしっかり使う。親指で地面をける時に、お尻も使う
  • ガニ股・内股で歩かない。足を真っ直ぐに踏み出すように意識する。
    →自分で正せなければ、施術を受けO
    脚・X脚改善トレーニングをしましょう。O脚X脚がヒドイと足を真っ直ぐに踏み出せません。股関節・膝・足首の痛みにつながります。
  • 歩きにくい履物は使わない
    →ハイヒールや厚底の靴で正しい姿勢で歩くのは難しい。余計なところに力が入りやすいです。サンダルだと地面を擦りながら歩きやすいので、足裏が刺激されにくい。

これらのポイントを踏まえて、リズミカルで軽やかな早歩きを心がけましょう。正しく歩くと、全身の筋肉が使えます。意外にいい運動になるのです。

【歩く時間を運動の時間として作れる人】
腕をよくふって(腕をよく引いいて)歩くとよい。

【通勤・通学・外出で歩く人】
たいてい、何かしら荷物を持っているでしょうから、腕以外のポイントを注意して歩く。


1日20分~30分1.5km~2kmは歩きたいところ。

学校・仕事がある人は、通学・通勤でこれを簡単にクリアできるでしょう。

問題は、主婦やリタイアされた方。自分で意識的に歩くのを習慣づけて欲しいです。

「よく歩いているかどうか」

はふくらはぎや足の裏をみればスグわかります。

ふくらはぎの筋力の弾力性が落ち、静脈瘤があったり、脚のむくみがなかなか取れない人は、歩いている時間が少ないか、または、歩き方が悪いかです。

また、足首の太さでも伺い知れます。

足首は本来、細いはず。いつのまにかニンジンが大根みたいになってしまった人は、普段、歩き足りない可能性が高いです。

 

正しい姿勢・フォーム・歩きやすい靴で、積極的に歩くライフスタイルを作りましょう。
 

ただし、膝・股関節・腰などが痛くて正しい姿勢・フォームが取れず歩きにくい人もいるでしょう。

その場合は、カイロプラクティックのケアを受けて動きやすい体を取りもどしましょう。

歩くのがいいとはいえ、痛みがあるのに我慢して歩くのは逆効果。

きちんと治してから歩くのに挑戦しましょう。

腰痛とカイロプラクティック

頭痛・首こり・肩こりに効く体操

たいていの頭痛・首こり・肩こりの原因は、

首・肩・背中の周囲の関節・筋肉が硬直し血流が悪くなるからです。

慢性的な頭痛・首こり・肩こりを改善し予防するには、常に関節と筋肉をいい状態に保つことです。

痛みに悩み安易に湿布・痛み止めに頼ってはいけません。

自分の体の本来あるべき機能を回復させることを考えましょう。

 

・カイロプラクティックで根本的な解決を図る。

・姿勢を意識する

・こまめに首・肩甲骨を動かす

 

この3つが重要です。

 

ここでは、最後の部分、

「首・肩甲骨を動かす」について記述します。

以下に紹介する体操は、首・肩・背中を程よく刺激するでしょう。特に、長時間デスクワーク・立ち仕事をする方は、1時間ごとに休憩をとり5分〜10分体操し血のめぐりをよくしましょう。

ただし、この体操で頭痛・首こり・肩こりが解決するわけではありません。

施術を受けて筋骨格のバランスを整える、体の状態について評価を受け硬い筋肉は柔らかくし弱い筋肉は鍛える、姿勢について学ぶ。

これらも頭痛・首こり・肩こりの根本的な改善に必要です。

施術の流れ

首の体操

注意事項
リラックスして息を吐きながら勢いをつけずにゆっくりと行いましょう。

首は、脊髄という太い神経が流れています。急に強い力を加えないように。

以下の体操で痛みがでればスグに止めて下さい。

体操のポジション:立位・座位どちらでも

  1. 首後面のストレッチ
    背筋を伸ばし、両手で頭頂部を抱えるように持ち、首を前方に倒す。

    痛気持ちいいところまでのばし20秒キープ。2-3回繰り返す。

    この時、背中が丸まらないように注意。
    前に倒す首につられて背中が丸くなると首の後ろの筋肉はあまり伸びません。

    ※頸椎椎間板ヘルニアの人(手に痺れのある人)は禁止。痺れが増します。
  2. 首前面のストレッチ
    まず、胸の真ん中にある胸骨の上に両手を重ねて手の平を胸に密着させる。

    次に、ゆっくりアゴを上げていき目線を真上に向け首の前面を伸ばす。

    痛気持ちいいところまで伸ばし20秒キープ。2-3回繰り返す。

    この時、体が後ろに逃げないように注意。
    首につられて体ごと後ろに倒れると、首の前面の筋肉はあまり伸びません。

    続いて、右の鎖骨を指でひっかけて固定。目線を左斜め上にもっていき右前面の首の筋肉を伸ばす。

    左前面の首の筋肉は、左の鎖骨を固定して目線を右斜め上にもっていき伸ばす。

    これらも痛気持ちいいところまで伸ばし20秒キープ。2-3回繰り返す。

    首の生理的弯曲を考えると、首後面より首前面のストレッチのほうが大事です。
  3. 首側面のストレッチ
    手で頭頂部を持ち、横に倒すようにして押さる。痛気持ちいいところまで伸ばし20秒キープ。2-3回繰り返す。反対も同様に。

    この時、肩が上がったり、体が横に倒れたりしないように注意。そうなるとあまり筋肉が伸びません。
  4. 胸鎖乳突筋(耳のやや後ろにある突起から鎖骨にかけて付いている筋肉)のストレッチ
    右手の指先で右側のあごを押さえながら首を左に回す。

    さらに、首を手で押している側に倒す。そうすると、左側の胸鎖乳突筋が伸びます。

    痛気持ちいいところまで伸ばし20秒キープ。2-3回繰り返す。反対側も同様に。

    この時、体が回らないように注意。
肩の体操(肩甲骨まわりを動かす体操)

肩こりの人に多く見られるのが、

肩甲骨周りの筋肉が非常に凝り固まっていることです。

以下の体操で、肩甲骨周りの動きを取り戻しましょう。1セットを通して行い、1日2-3セットを目標に。リズミカルに肩を大きく動かすことを心がけて体操をやってみて下さい。

但し、痛みが出ればすぐに止めて下さい。

体操のポジション:立位で

  1. 肩の上下運動
    背筋を伸ばして肩・両腕の力を抜く。

    次に、肩をできるだけ大きく上げる。

    そして、肩の力をぬいてストンと落とす。

    この運動を繰り返す。1セット5~10回。
  2. 肩の前後運動
    両肩いっしょに。1セット5~10回。

    〈肩を前に出す運動〉
    背中を丸め、肩を前に出し、体の前で腕を交差させる。

    この時、左右の肩甲骨の間が外側に大きく離れるのを意識する。

    〈肩を後ろに引く運動〉
    胸を張り、両腕を後ろにもっていき肩を背中側に引く。

    この時、左右の肩甲骨が背中の中央に近づくことを意識する。

    余裕があれば、肩甲骨の間にペンを挟んでみる。
    肩甲骨の間でペンを保持できれば、しっかり肩甲骨が引けていると言えます。
  3. 肩の回旋運動
    肩の力を抜いて、左右の肩を円を描くようにできるだけ大きく回す。

    前回し、後ろ回し両方行う。左右交互に動かしても、両肩一緒に動かしてもOK。

    1セット前回し5~10回、後ろ回し5~10回。
  4. 両腕を前後に振る
    肩の力を抜き、腕をぶらりとさせて、前後に腕を大きく振る。1セット20回。
  5. 万歳!
    普通は万歳3回ですが、景気づけに1セット10回。

    肩を大きく動かし、両腕を真上にまっすぐ上げる。
肩の体操(肩甲骨周りを伸ばす体操)

注意事項
リラックスして息を吐きながら勢いをつけずにゆっくりと行う。

以下の体操で痛みが出れば、すぐにやめて下さい。

体操のポジション:立位で

  1. 頭の後ろで肘を押さえて伸ばす
    (Over head)

    片方の肘を曲げて手で同側の肩をさわる。

    指先をのせたまま曲げた肘を頭の後ろに引き上げる。背筋をまっすぐ伸ばしたまま反対の手で肘を引っ張って痛気持ちいいところまで伸ばし20秒キープ。2-3回繰り返す。反対側も同様に。

    この時、曲げた肘が開いたり、肘につられて上半身が横に倒れたりしないように注意。
  2. 腕を前方から反対側へ引っ張る
    (Cross-chest)

    腕を肩の高さに上げて前に伸ばし、もう片方の手または前腕で肘を持つ。

    肩は動かさずにつかんだ肘を手前に引っ張り痛気持ちいいところまで伸ばして20秒キープ。 2-3回繰り返す。

    この時、つられて肩が回らないように注意。
  3. 反対の手を背部から引っ張る
    (Behind–the–back)

    片方の腕の肘を曲げ、手を背中に回し腰のあたりにおく。

    反対の手で腰においた手を引っ張り痛気持ちいいところまで伸ばし20秒キープ。2-3回繰り返す。

    手を引っ張るときにつれられて肩が回らないように注意。
  4. 肩の前の筋肉伸ばし
    手を後ろで組む。

    肘を伸ばし肩を引いて胸を張り、組んだ手を上げ痛気持ちいいところまで伸ばし20秒キープ。2-3回繰り返す。

    この時、背中が丸まらないように注意。
  5. 上部僧帽筋(首から肩甲骨の上部にかけて付く筋肉)ストレッチ
    片腕の肘を軽く曲げて、手のひらが外を向く形でできるだけ深く背中へ回す。

    空いている手を頭の先端に置き、頭をその手のサイドの斜め前に押し下げるように
    し痛気持ちいいところまで伸ばし20秒キープ。2-3回繰り返す。

    反対も同様に。

お問合せ・ご予約はこちら

目白ファミリーカイロプラクティックについて「わからない点」「ご相談」「ご予約希望」などは、お電話もしくはお問合せフォームから今すぐお気軽にご連絡ください。お問合せを心よりお待ちしております。

なお、営業関係の電話は、日時にかかわらずお断りします。営業関係のお問合せは、メール、または、お問い合せフォームからお願いします。必要に応じて、ご返答します。

まずはお電話でご予約下さい

よくあるご質問
  • カイロプラクティックってどういう施術?
  • 〇〇〇な症状には効くの・・・?
  • 骨粗鬆症だけどカイロを受けて大丈夫?
  • 自分のつらさを周りの人に理解してもらえない。誰かに理解してもらいたい

体の悩みを1人で抱えずにお気軽にご相談下さい。

電話でのお問合せ・ご相談・ご予約はこちら

営業時間
<平日>  10:00~20:00  
<土日祝> 10:00~18:00    定休日:水曜日

完全予約制・予約優先制、当日予約OK!
まずは、電話でご相談を。

院長はこんな人

カイロプラクター 大竹 城久

カイロプラクティック発祥の地アメリカの「パーマーカイロプラクティック大学」を卒業。「アメリカのカイロプラクティック国家資格」と「州資格(カリフォルニア州)」を持つ、日本では数少ない正規のカイロプラクター。

院長紹介はこちら
 

パーマー大学の
卒業証書

約3年4ヶ月〈10学期)の長きに渡るDCプログラムを修了した証明書。

カイロプラクティック,ナショナルボード

アメリカカイロプラクティック国家試験(カイロプラクティックナショナルボード、Part I,II,III,IV)の合格証。PTのもあります。

カイロプラクティック,カリフォルニアボード

アメリカでは州ごとにもライセンスが必要です。卒業後、カリフォルニア州で働いていたので、カリフォルニア州のライセンスのみあります。

院概要・アクセス

目白ファミリー
カイロプラクティック

代表者:大竹 城久

院長紹介はこちら

住所・アクセス

〒161-0033
東京都新宿区下落合3-17-37
プロスペリティS目白405号
JR目白駅 徒歩3分

お気軽にご連絡ください。

営業時間・定休日

平日  10:00~20:00
土日祝 10:00~18:00
定休日:水曜日

お気軽にご連絡ください。

営業日・営業時間はこちら

ご連絡先はこちら

完全予約制・予約優先制

03-3953-9995

dcotake@gmail.com

院概要・アクセスはこちら

お問合せフォームはこちら

カイロの有効性レポート

”そのニュース聞いたことある!カイロプラクティックケアは、腰痛に対しては病院の医療より経済的で安全だということを”  マグナレポート

1993年発表の、Ontario Ministry of Healthにより委託された公平・独立な研究レポートの中にある一節

原文はこちら

お問合せ・ご予約

完全予約制・予約優先制
当日予約もOK!

03-3953-9995

ご予約は、電話またはお問合せフォーム・メールでお願いいたします。

体の悩みを1人で抱え込まずにお気軽にご相談下さい。