ドクター・オブ・カイロプラクティック(D.C.)

真の健康は、正しい「背骨」と「姿勢」から

営業時間

平日     10:00~20:00
土日祝  10:00~18:00

定休日

水曜日

完全予約制/予約優先制(当日予約OK)

03-3953-9995

O脚・X脚とカイロプラクティック

膝が外側に開く「O脚」、膝が内側でつく「X脚」。
 

O脚・X脚は脚がスラッと見えず見た目が悪い。

美男・美女を目指す方には美容の大敵です。
 

O脚・X脚のまま歳を重ねると、それが変形性膝関節症へと発展します。変形性膝関節症になると、やがて自由に歩き回るのが難しくなります。

歩けなくても生きられますが、やはりつらい。
 

幼少期におけるO脚・X脚はそれほど気にする必要はありませんが、骨の病気ではないのに20歳を過ぎてO脚・X脚である場合(機能的O脚・X脚)は、早めに改善すべきです。
 

やりたいことの多い20代30代は、あまり自分の体の状態について気にかけないもの。

若ければ若いほど治る可能性は高いです。

痛みがないと言って放っておくのは、歳をとってからの障害を考えると得策ではありません。
 

痛みは体が発する最後のサイン。
 

将来、変形性膝関節症など膝の痛みに悩みたくなければ、早めに自分の体の問題と正面から向き合うことが肝要です。


O脚・X脚を解剖学的な特徴は以下のとおり。

O脚の特徴

O脚.png

  • 大腿骨(太ももの骨)が「外側」に回旋し、「内側」に戻りにくい
  • 脛骨(すねの太い骨)が「内側」に回旋し、「外側」に戻りにくい
  • 膝蓋骨(膝のお皿)が、大腿骨の「外側」への動きに伴い「外側」にずれる
  • 大腿頚(股関節にはまる骨頭と大腿骨の大部分をしめる骨体を結ぶ部分)が「前傾」する
  • 内股歩き(O脚で、ガニ股の人もいますが、傾向として)
  • 足の左右の内くるぶし(内果)をそろえても、左右の「膝の内側が接しない」

X脚の特徴

X脚.png

  • 大腿骨が「内側」に回旋してしまい、「外側」に戻りにくい
  • 脛骨が「外側」に回旋してしまし、「内側」に戻りにくい
  • 膝蓋骨が、大腿骨の「内側」への動きに伴い「内側」にずれる
  • 足の回内(足の内側に力が入り外側が浮く状態)
    →靴の踵の内側が減る
  • 左右の膝をそろえても、左右の「内くるぶしが接しない」
病院では

病的なものでない限り特に治療せず。

カイロプラクティックでは

病的なO脚・X脚は治せません。

曲がった骨を真っ直ぐにするのは不可能です。
 

世間一般で問題となるO脚・X脚のほとんどは、

機能的なO脚・X脚。
 

カイロプラクティックで対応できます。
 

O脚・X脚は、膝の形が特徴的であるために、膝だけの問題と考えられがち。

上のように考察すると、決して膝だけの問題ではないのに気づくでしょう。
 

O脚・X脚の改善には、膝だけではなく、骨盤・股関節・足首・背骨も全体的に調整する必要があります。特に、骨盤の傾きや・股関節・膝関節周囲の筋肉の調整が重要です。

体のクセの改善は、一日にして成らず

体の癖は簡単には戻りません。施術を受けるだけでは不十分です。
 

継続的なセルフトレーニングも重要です。


目白ファミリーカイロプラクティックでは、

O脚・X脚それぞれに効果的な体操を指導します。
 

O脚・X脚の改善には、

普段の生活習慣を正すのも大事です。

歩き方・履き物に気をつける
  • がに股歩き・内股歩き
    →どちらもまっすぐに足を踏み出す意識

    特に男性のO脚に多いのは、
    「ガニ股で膝が外に向かって歩く人」。

    昔ヤンキーだった方は.歩き方を正せないかも。歳をとっても自分の足で元気に歩くには、足をまっすぐに踏み出す意識をもちましょう。


    一方、
    「足が内側に入ってしまう人(内股)」。

    できるだけ足を外に開く意識をもちながらまっすぐに足を踏み出す最初はぎこちない動きになりますが、少しずつ慣らせば、歩き方はだいぶ改善します。


    近年、健康志向でジョギング・マラソンがブーム。O脚・X脚の人が足の踏み出しを意識しないで長い距離を走ると、膝を痛めます。ご注意を!!(走る前にすべき事は、O脚・X脚の改善です。)

  • ハイヒール 
    → 着地面積が狭く不安定

    立ち方・歩き方に気をつけないと、足首が内反し(足首の外側にストレスがかかる) 足首・膝・股関節が外側に開き、O脚がますます悪化します。

    ヒールを 履いている人を後ろから観察するとよくわかります。

    「もともとO脚ではなかったのに、ヒールを履くようになってからO脚になった」

    という方も多いです。

    背を高く見せようと思ってハイヒールを履いても、正しい重心で歩かないと、O脚が進行し、脚の見栄えが悪くなります。背も縮みます。

    美しく見せたい思いとは裏腹に、美しく見えない原因を自ら作ってしまう。

    それではせっかくの努力が水の泡です。

    どうしてもヒールを履きたいのであれば、

    ・着地面積が広めで安定して歩けるものを履く
    ・通勤は踵の低い靴を履き職場でヒールを履く
    ・または、その逆。通勤でヒールを履いて職場では踵の低いい靴を履く

    など、工夫が必要。

    常にヒールを履かないことです。

座り方・座る場所に気をつける
  • 特に床に長時間座る生活をする方

    長時間あぐらをかいたり、女性に多いペチャンコ座り(女の子座り)や正座を崩した形の横座りで生活する。→床に座るのは膝・股関節・足首の健康にいいですが、長時間床に座ると膝・股関節・足首に負担です。 できるだけ椅子も使い脚を組まずに正しく座る、ないしは正座など左右均等に体重をかけて床に座るように心がけましょう。


O脚・X脚でお悩みの方は、目白ファミリーカイロプラクティックまでご相談ください。

お問合せ・ご予約はこちら

目白ファミリーカイロプラクティックについて「わからない点」「ご相談」「ご予約希望」などは、お電話もしくはお問合せフォームから今すぐお気軽にご連絡ください。お問合せを心よりお待ちしております。

なお、営業関係の電話は、日時にかかわらずお断りします。営業関係のお問合せは、メール、または、お問い合せフォームからお願いします。必要に応じて、ご返答します。

まずはお電話でご予約下さい

よくあるご質問
  • カイロプラクティックっってどういう施術?
  • 〇〇〇な症状には効くの・・・?
  • 骨粗鬆症だけどカイロを受けて大丈夫?
  • 自分のつらさを周りの人に理解してもらえない。誰かに理解してもらいたい

体の悩みを1人で抱えずにお気軽にご相談下さい。

電話でのお問合せ・ご相談・ご予約はこちら

営業時間
<平日>  10:00~20:00  
<土日祝> 10:00~18:00    定休日:水曜日

完全予約制・予約優先制、当日予約もOK!
まずは、お電話でご相談を。

院長はこんな人

カイロプラクター 大竹 城久

カイロプラクティック発祥の地アメリカの「パーマーカイロプラクティック大学」を卒業。「アメリカのカイロプラクティック国家資格」と「州資格(カリフォルニア州)」を持つ、日本では数少ない正規のカイロプラクター。

院長紹介はこちら
 

パーマー大学の
卒業証書

約3年4ヶ月〈10学期)の長きに渡るDCプログラムを修了した証明書。

カイロプラクティック,ナショナルボード

アメリカカイロプラクティック国家試験(カイロプラクティックナショナルボード、Part I,II,III,IV)の合格証。PTのもあります。

カイロプラクティック,カリフォルニアボード

アメリカでは州ごとにもライセンスが必要です。卒業後、カリフォルニア州で働いていたので、カリフォルニア州のライセンスのみあります。

院概要・アクセス

目白ファミリー
カイロプラクティック

代表者:大竹 城久

院長紹介はこちら

住所・アクセス

〒161-0033
東京都新宿区下落合3-17-37
プロスペリティS目白405号
JR目白駅 徒歩3分

お気軽にご連絡ください。

営業時間・定休日

平日  10:00~20:00
土日祝 10:00~18:00
定休日:水曜日

お気軽にご連絡ください。

営業日・営業時間はこちら

ご連絡先はこちら

完全予約制・予約優先制

03-3953-9995

dcotake@gmail.com

院概要・アクセスはこちら

お問合せフォームはこちら

カイロの有効性レポート

”そのニュース聞いたことある!カイロプラクティックケアは、腰痛に対しては病院の医療より経済的で安全だということを”  マグナレポート

1993年発表の、Ontario Ministry of Healthにより委託された公平・独立な研究レポートの中にある一節

原文はこちら

お問合せ・ご予約

完全予約制・予約優先制
当日予約もOK!

03-3953-9995

ご予約は、電話またはお問合せフォーム・メールでお願いいたします。

体の悩みを1人で抱え込まずにお気軽にご相談下さい。