腰痛・肩こり カラダメンテナンス整体

健康はしなやかな「背骨・骨盤」と正しい「姿勢」から

営業時間

平日     10:00~20:00
土日祝  10:00~18:00

定休日

水曜日

完全予約制(当日予約OK)

03-3953-9995

腰部脊柱管狭窄症

腰部脊柱管狭窄症とは

腰部脊柱管狭窄症

腰部脊柱管狭窄症は、

中枢神経の脊髄を覆う脊柱管というトンネルが何らかの原因で狭くなり、その結果、脊柱管の中を通る神経が強く圧迫され足腰に痛みやしびれが起こる疾患です。


脊柱管とは何か?

背骨のパーツである"椎骨"を上から見る時、ちょうど真ん中に椎孔と呼ばれる穴があります。

椎骨を首から腰まで積み上げた時、椎孔が連なってトンネルのような空間ができます。

その空間が、脊柱管です。

 

脊柱管狭窄症は首から腰のどこでも起りますが、最も多いのは腰です。
 

若いころから無意識に長年続けてきた姿勢・動作のクセが腰椎・椎間板・靭帯に負担をかけ、その繰り返しの負荷で起こる背骨・靭帯・椎間板の変形が腰部脊柱管狭窄症を招きます。


昨日・今日、急に脊柱管が狭窄して起こるわけではありません。

 

高齢者の腰痛で多いのは、この腰部脊柱管狭窄症です。高齢化がかつてないスピードで進行中の今日、将来多くの方が腰部脊柱管狭窄症になることが予測されます。

腰部脊柱管狭窄症の原因

  • 加齢で、脊柱管の黄色靭帯帯が厚くなる
  • 椎間板がつぶれる・飛び出す
    (椎間板ヘルニア)
  • 骨・関節の変形
    (骨粗鬆症・腰椎圧迫骨折など)
  • 椎体のズレ(腰椎変性・分離すべり症、側弯)
    →腰部脊柱管狭窄症に腰椎すべり症をともなうケースは多い
  • 黄色靭帯骨化症・後縦靭帯骨化症
  • 体幹・股関節の柔軟性がない(体が硬い)
    →背中・股関節が硬いと腰椎に負担をかける
  • 姿勢・腰を丸めて座ってばかりいる(猫背)
  • あまり歩かない・運動不足(腰回りの血流が悪い)
  • 偏食・栄養バランスの欠如
    糖質の過剰摂取が、靭帯の肥厚や椎骨の変形を作る。お酒・お菓子・パンなどには注意が必要。体型に現れます
  • 喫煙(ヘビースモーカーほどリスクが高い)
  • 肥満(余分ぜい肉は背骨に負担をかける)
  • 糖尿病
  • 高血圧
  • 睡眠不足

腰部脊柱管狭窄症の特徴

  • 歩き始めは何も症状なし。しばらく歩くと足が痺れて痛い。しばらく休むとしびれが消え、また歩ける(間欠性跛行
    腰部脊柱管狭窄症の60%~80%に現れる。
  • 腰痛(腰を反ると痛い→腰を反ると脊柱管が狭くなるから)(逆に、腰を前に曲げると楽→前かがみの姿勢では腰椎が後ろに弓なりになり、黄色靭帯が伸びて脊柱管が広がり神経への圧迫が低下し痛みやしびれが軽くなる)
  • 下肢痛・足のしびれ・冷え・マヒ・知覚異常
  • こむら返り
  • 足の脱力感(脚に力が入らない・かかとが持ち上がらない・階段などでよくつまずく、など)→ 神経のダメージが強いことを意味する
  • 排尿・排便障害(頻尿・尿失禁・便秘)

    【間欠性跛行の仕組み】
    立ったり歩いたりする姿勢では脊柱管が前後から圧迫され狭くなりやすいのが第一の原因。寝ている時に比べ起きている時は背骨に重力がかかります。そのため椎間板のはみ出しや黄色靭帯のせり出しが神経を圧迫します。

    腰部脊柱管狭窄症の人は、筋力の低下などから背骨のS字カーブが崩れ腰の反りが強い傾向があります。歩いたり立ったりすることで腰の反りがさらに強くなり、しびれや痛みがあらわれるのです。

腰部脊柱管狭窄症
と間違われやすい病気

  • 筋・筋膜性腰痛
    筋肉・筋膜の炎症による腰痛)
    →高齢者の筋・筋筋膜性腰痛は、筋力の弱さから間欠性跛行に似た症状がでる。カイロプラクテイックで対応可能。
     
  • 閉塞性動脈硬化症
    (下肢を通る太い血管が狭くなったり詰まったりすることで、様々な症状が現れる血管性の病気)腰部脊柱管狭窄症:神経性の病気
    →症状が進むと間欠性跛行が出る。腰部脊柱管狭窄症は前かがみで症状が軽減するが、閉塞性動脈硬化症は前かがみで症状は変わらない。動脈硬化が進むと手術が必要。
     
  • 仙腸関節障害
    骨盤のズレによる障害)
    →骨盤の左右差が出ることによって、筋肉・靭帯が引っ張られることで起こりやすい。
    ひどいと間欠性跛行に似た症状が出る。改善に、骨盤のバランス改善が必要。カイロプラクティックで対応可能。

整形外科の
腰部脊柱管狭窄症への対処

  • 薬物療法(血管拡張剤・鎮痛剤・筋弛緩剤・漢方薬など)
  • 神経ブロック療法
  • 手術(除圧術・固定術など)(最後の手段)           

→症状がひどい場合は、一度、病院で検査を受けるべき。

検査を受け自分の状態を把握。その上で、薬や注射の処方を受けるか、カイロプラクティックなどを受けるか判断すべきです。

当院の腰部脊柱管狭窄症の調整

カイロプラクティックでは、

問題のある腰椎をまず調整します。

問題のある腰椎を調整した上で、痛みのない範囲で、硬くなった体幹部・殿部・大腿の筋肉をストレッチ・モビリゼーションなどで緩め脊柱菅が広がるように調整します。

施術で痛みが減少したら、弱い筋肉を鍛えるトレーニングの指導をします。
 

腰部脊柱菅狭窄症を改善するカギは、

調整を受け背骨・筋肉の状態を上げるとともに、

痛みと相談しながら積極的に体を動かすこと

です。
 

「整形外科医の本」

「カイロプラクティックのケースマネージメント」

でよく言われるところです。

 

安静がいいと思って体を動かさないと、

 

痛い → 体を動かさない → 関節・筋肉が硬くなり、体がますます反れない(腰・背中がどんどん丸くなる)→ 脊柱管狭窄症が悪化

 

という「痛みの悪いサイクル」に陥ります。
 

ひどいと「歩行困難」になり、

"杖や歩行器・シルバーカート”なしでは歩けません。

症状が進むと"車椅子"なしでは動けなくなります

 

また、腰部脊柱管狭窄症が悪化して不活発な状態が続くと、肥満・糖尿病・動脈硬化・高血圧・脂質異常症・虚血性心疾患・脳梗塞など様々な病気を引き起こす素地となります。これらの病気は自分の命を左右します。

 

施術を定期的に受け、体を積極的に動かすのが腰部脊柱管狭窄症の改善に大事です。

 

運動・体操は効果が出るのにある程度の時間が必要です。年齢、施術を受けるペース、運動・体操の取り組み方にもよりますが、半年から1年はみるべきです。

毎日行うことを習慣とし、コツコツ続けることが重要です。

 

腰部脊柱管狭窄症は、放っておいて自然に改善するものではありません。
 

腰を痛めた原因である関節・筋肉を調整し生活習慣を大きく変えなければ、腰部脊柱管狭窄症がどんどん進行し、ますます痛みに苦しみます。

健常な生活維持には早めの対処が肝要です。

 

腰部脊柱管狭窄症でお悩みの方は、目白ファミリーカイロプラクティックにご相談ください。

施術費用のご案内

 一般高校生以下

初回

9000円

(初回料3300円+施術料5700円)

8000円

(初回料3300円+施術料4700円)

2回目以降

5700円

4700円

《価格は税込です》

お問合せ・ご予約はこちら

目白ファミリーカイロプラクティックについて「わからない点」「ご相談」「ご予約希望」などは、お電話もしくはお問合せフォームから今すぐお気軽にご連絡ください。お問合せを心よりお待ちしております。

なお、営業関係の電話は、日時にかかわらずお断りします。営業関係のお問合せは、メール、または、お問い合せフォームからお願いします。必要に応じて、ご返答します。

まずはお電話でご予約下さい

体の悩みを1人で抱えずにお気軽にご相談下さい。

電話でのお問合せ・ご相談・ご予約はこちら

営業時間
<平日>  10:00~20:00  
<土日祝> 10:00~18:00    定休日:水曜日

完全予約制・予約優先制、当日予約OK!
まずは、電話でご相談を。

院長はこんな人

カイロプラクター 大竹 城久

カイロプラクティック発祥の地アメリカの「パーマーカイロプラクティック大学」を卒業。「アメリカのカイロプラクティック国家資格」と「州資格(カリフォルニア州)」を持つ、日本では数少ない正規のカイロプラクター。

院長紹介はこちら
 

パーマー大学の
卒業証書

約3年4ヶ月〈10学期)の長きに渡るDCプログラムを修了した証明書。

カイロプラクティック,ナショナルボード

アメリカカイロプラクティック国家試験(カイロプラクティックナショナルボード、Part I,II,III,IV)の合格証。PTのもあります。

カイロプラクティック,カリフォルニアボード

アメリカでは州ごとにもライセンスが必要です。卒業後、カリフォルニア州で働いていたので、カリフォルニア州のライセンスのみあります。

院概要・アクセス

目白ファミリー
カイロプラクティック

代表者:大竹 城久

院長紹介はこちら

住所・アクセス

〒161-0033
東京都新宿区下落合3-17-37
プロスペリティS目白405号
JR目白駅 徒歩3分

お気軽にご連絡ください。

営業時間・定休日

平日  10:00~20:00
土日祝 10:00~18:00
定休日:水曜日

お気軽にご連絡ください。

営業日・営業時間はこちら

ご連絡先はこちら

完全予約制・予約優先制

03-3953-9995

dcotake@gmail.com

院概要・アクセスはこちら

お問合せフォームはこちら

カイロの有効性レポート

”そのニュース聞いたことある!カイロプラクティックケアは、腰痛に対しては病院の医療より経済的で安全だということを”  マグナレポート

1993年発表の、Ontario Ministry of Healthにより委託された公平・独立な研究レポートの中にある一節

原文はこちら

お問合せ・ご予約

完全予約制・予約優先制
当日予約もOK!

03-3953-9995

ご予約は、電話またはお問合せフォーム・メールでお願いいたします。

体の悩みを1人で抱え込まずにお気軽にご相談下さい。