ドクター・オブ・カイロプラクティック(D.C.)

真の健康は、正しい「背骨」と「姿勢」から

営業時間

平日     10:00~20:00
土日祝  10:00~18:00

定休日

水曜日

完全予約制/予約優先制(当日予約OK)

03-3953-9995

シニアのためのカイロプラクティック

より健康な生活のために

「60歳過ぎても、まだまだ仕事をがんばりたい」「いつまでも元気に自分の足で歩きたい」
「日本中・世界中、旅行に行きたい」

「おいしい物を食べ歩きたい」
ゴルフ・テニス・ジョギング・ダンスなど運動を楽しみたい」


このように、

"老後もアクティブに生活したい"

と願うシニアの方も多いでしょう。

老人の活力は、社会にとって素晴らしいこと。
 

いつまでも好きなこと・やりたいことをするには、「体の健康」が何よりも大事です。

歳を重ねるにつれて、若い時には当たり前にできていた事が、当たり前にできなくなります。

健康意識の高い人と低い人の外見や体の機能を比べると、同年齢であっても10歳以上の開きを感じることがよくあります。
 

その違いは、

ズバリ「筋骨格系のバランス」です。
 

健康意識の高い人は、筋骨格系のバランスが良好。

健康意識の低い人は、筋骨格系がトラブルだらけ。
 

そのトラブルが生じる流れは、以下の通りです。
 

【筋骨格系のトラブルの流れ】

関節の動きが悪い・体の柔軟性の欠如 → 神経・血液の流れが悪くなる → 姿勢の乱れ(猫背・弯・O脚・X脚など)→ 体が思ったように動かなくなる → 首の痛み・肩こり・腰痛・耳鳴り・めまい・坐骨神経痛・股関節の痛み・膝の痛み・更年期障害・筋力の弱化による転倒

→ ロコモ・メタボ・認知症・脳血管障害など重度な病気となる

 

初老の60代頃は問題なくても、意識的に自分の体をメンテナンスし鍛える習慣がないと、70代・80代となるにつれて、背中が前後あるいは左右に大きく曲がったり(猫背・側弯)、膝が大きく外に曲がったり(変形性膝関節症によるO脚)します。

痛みがひどくなった時に、病院や治療院に駆け込んでも手遅れです。痛みに苦しみながら生活する時間が長くなり、精神的にも肉体的にもつらいです。

そうなると、体の衰えが急速に進み、寝たきりとなり要介護になります。


「歳だからしょうがない」ではなく、自分の体をメンテナンスする習慣をもち、少しでも動きやすい体を作ることが、自立した老後の生活を送る上で大事なことです。

歳をとっても自立した生活を送れる体を維持するために、カイロプラクティックはお役に立てます。

ロコモティブシンドロームを予防する

ロコモティブシンドローム(運動器症候群)とは、

「運動器の障害で要介護になるリスクが高い状態」

です。
 

体のどこかに痛み・違和感を抱えていると、体の動きが制限されます。

若いうちは、若さに任せて痛みをごまかせます。

しかし、歳を重ねるとそうもいきません。
 

痛み・違和感を無視して生活すると、どんどん関節・筋肉が硬くなり神経や血液の流れも悪くなり、ロコモティブシンドロームが進み、要介護のおそれが出てきます。

それを避けるためにも、カイロプラクティックで痛み・違和感を解消し、足腰を鍛える習慣をもちましょう。

じっーとテレビを眺めているだけの生活は避けたいものです。

  • 片脚立ちで靴下がはけない
  • 家の中でつまずいたり滑ったりする
  • 階段を上るのに手すりが必要である
  • 家のやや重い仕事が困難である
    (掃除機の使用・布団の上げ下ろしなど)
  • 2kg程度の買い物をして持ち帰るのが困難である
    1リットルの牛乳パック2個程度)
  • 15分くらい続けて歩くことができない
  • 横断歩道を青信号で渡りきれない

1つでも該当すれば、運動器の衰えが出始めていると言っていいでしょう。

健康寿命を長くするカイロプラクティック

当院のカイロプラクティックでは、

 しっかりと"対話"しながらの施術

"よく話を聴く"のは、患者さまの不安解消のためには大事なこと。話をしっかり聴き、お悩み解決の施術をします。
 

 体に負担のかからない施術

患者さんの関節や筋肉の状態に応じて、施術の仕方を変えます。

関節矯正が問題なくできる方には、関節の調整を行います。
関節矯正が難しい方には、器具を用いるなどの調整法をとります。
 

 健康維持のための体操・トレーニング指導

当院は、病院ではないので薬の処方はありません。

その代わりに、

体に無理のない範囲で、体力を維持・発展させるための体操・トレーニングを提案します

日常生活における「楽な姿勢のとり方」「体の動かし方」を体力や年齢に合わせて指導します。

 

年齢を重ねるにつれて、色々と体に不都合が出るのは避けられないこと。

常に体をカイロプラクティックでメンテナンスする習慣があれば、体をいい状態に保ち、自分の仕事・趣味を思う存分楽しめます。
 

歳だからとあきらめる必要はありません。
 

痛み止めを飲んでも、湿布を貼っても、痛みを根本的に解決できません。

気休めどころか、体の組織に悪影響を与え、余計に体を衰えさせます。
 

カイロプラクティックは、お歳をめされたシニアの方がよりアクティブに生活する手助けができます

カイロプラクティックで自分の体の自然治癒力を高め、健康寿命を長く保ち充実した老後の生活を送りましょう。

お問合せ・ご予約はこちら

目白ファミリーカイロプラクティックについて「わからない点」「ご相談」「ご予約希望」などは、お電話もしくはお問合せフォームから今すぐお気軽にご連絡ください。あなたさまからのお問合せを心よりお待ちしております。

なお、営業関係の電話は、日時にかかわらずお断り致します。営業関係のお問合せは、メール、または、お問い合せフォームからお願いいたします。

まずはお電話でご予約下さい

よくあるご質問
  • カイロプラクティックって痛いの?
  • 治療費はいくら?何回通う必要があるの?
  • 〇〇〇な症状には効くのでしょうか・・・?
  • 骨粗鬆症だけどカイロを受けても大丈夫?
  • 原因がわからないけど、体が痛い
  • 自分のつらさをを周りの人に理解してもらえない。誰かに理解してもらいたい

体の悩みを1人で抱えずにお気軽にご相談下さい。

電話でのお問合せ・ご相談・ご予約はこちら

営業時間
<平日>  10:00~20:00  
<土日祝> 10:00~18:00    定休日:水曜日

完全予約制・予約優先制、当日予約もOK!
まずは、お電話でご相談を。

院長はこんな人

カイロプラクター 大竹 城久

カイロプラクティック発祥の地アメリカの「パーマーカイロプラクティック大学」を卒業。「アメリカのカイロプラクティック国家資格」と「州資格(カリフォルニア州)」を持つ、日本では数少ない正規のカイロプラクター。

院長紹介はこちら
 

パーマー大学の
卒業証書

約3年4ヶ月〈10学期)の長きに渡るDCプログラムを修了した証明書。

カイロプラクティック,ナショナルボード

アメリカカイロプラクティック国家試験(カイロプラクティックナショナルボード、Part I,II,III,IV)の合格証。PTのもあります。

カイロプラクティック,カリフォルニアボード

アメリカでは州ごとにもライセンスが必要です。卒業後、カリフォルニア州で働いていたので、カリフォルニア州のライセンスのみあります。

院概要・アクセス

目白ファミリー
カイロプラクティック

代表者:大竹 城久

院長紹介はこちら

住所・アクセス

〒161-0033
東京都新宿区下落合3-17-37
プロスペリティS目白405号
JR目白駅 徒歩3分

お気軽にご連絡ください。

営業時間・定休日

平日  10:00~20:00
土日祝 10:00~18:00
定休日:水曜日

お気軽にご連絡ください。

営業日・営業時間はこちら

ご連絡先はこちら

完全予約制・予約優先制

03-3953-9995

dcotake@gmail.com

院概要・アクセスはこちら

お問合せフォームはこちら

カイロの有効性レポート

”そのニュース聞いたことある!カイロプラクティックケアは、腰痛に対しては病院の医療より経済的で安全だということを”  マグナレポート

1993年発表の、Ontario Ministry of Healthにより委託された公平・独立な研究レポートの中にある一節

原文はこちら

お問合せ・ご予約

完全予約制・予約優先制
当日予約もOK!

03-3953-9995

ご予約は、電話またはお問合せフォーム・メールでお願いいたします。

体の悩みを1人で抱え込まずにお気軽にご相談下さい。