ドクター・オブ・カイロプラクティック(D.C.)

真の健康は、正しい「背骨」と「姿勢」から

営業時間

平日     10:00~20:00
土日祝  10:00~18:00

定休日

水曜日

完全予約制/予約優先制(当日予約OK)

03-3953-9995

背骨の健康

椎間板

背骨の動き・安定で重要な役割を果たす

椎間板(椎間円板)

椎体の間にある円盤状の組織で繊維軟骨の一種です。
 

構成要素は、

中心部のゲル状の”髄核” 

それを囲む”繊維輪””

からなります。

椎間板は上下の椎体を連結し、体幹を前に曲げる・後ろに反る・体を横に側屈する・体幹を捩じる動きをスムーズにします。

また、椎間板には荷重や衝撃の吸収・緩衝する働きがあります。

 

椎間板が薄くなったり飛び出たりすると、首・背中・腰の動きが悪くなり痛みを帯びやすくなります。頸椎椎間板ヘルニア・腰椎椎間板ヘルニア・腰部脊柱管狭窄症・腰椎すべり症・腰椎椎間板症などになる可能性があります。

椎間板の状態が背骨の健康を左右すると言っても過言ではありません。

 

常に椎間板の状態を良好に保つことが、脊椎疾患を防ぎます。

椎間板の状態を良好に保つには?
~レントゲン・体の機能チェック・生活習慣から考える予防法~
  • カイロプラクテアジクアジャストメント
    問題のある椎間板をいい状態に戻せます。

     
  • 上半身・下半身を大きく動かす
    筋肉を大きく使うと椎間板スペースを保てる。体が硬いと椎間板は薄くなる。
     
  • 体幹の強さ(安定性)
    背骨を支える筋肉が弱いと姿勢が崩れ椎間板の負担が大きくなる。

     
  • よく歩く 
    椎間板は無血管なので、椎体内の血管から栄養を拡散してもらう。よく歩くことで椎間板に栄養を届けることができる。歩く量が少ないと椎間板は薄くなりがち。
     
  • 同一姿勢を続けない
    座りっぱなし・立ちっぱなし・寝てばかりでも体が硬くなる
     
  • 水分をとる 
    髄核・繊維輪の大部分(約70%)は水分。
     

  • バランスのいい食事
    糖質にかたよらない。良質の油をとる。

体を動かすのは基本的に背骨にいい事ですが、

場合によっては症状を悪化する場合あり。

 

例えば、

腰椎椎間板ヘルニアの人が体の前屈ばかりすれば悪化します
(痛くてできないことが多いですが)。

腰椎すべり症の人は体幹を反る動きは禁止。ますます骨が滑り痛みが増す。

 

特定の動作で痛みが増す時は、レントゲンをとって骨・椎間板の状態をチェックした上で施術を受けましょう。やたらめったら体を動かせばいいわけではありません。

頚椎椎間板ヘルニア・腰椎椎間板ヘルニア・腰部脊柱管狭窄症・腰椎すべり症などが発症した場合、症状を悪化させない体の使い方を心がける必要があります。

腰痛とカイロプラクティック

背骨の変形(後弯・側弯)

標準的な立位の姿勢を側面から観察すると、

背骨はS字カーブを持っています。
 

頚椎はやや反り(前弯)、胸椎はやや丸まり(後弯)、

腰椎はやや反り(前弯)、骨盤は30度前傾

 

首と腰がやや反る” 

これが背骨の健康にとって大事なポイント。

 

姿勢が悪い・加齢などで背骨が変形すると、

頸椎の前弯が無くなり、胸椎の後弯が大きくなり、腰椎の前弯が無くなり、骨盤が後傾する。

または、腰椎の前弯が大きくなり、骨盤の前傾が大きくなる。

 

また人によっては、背骨を正面からみた時、背骨が側方に曲がる側弯症がでます。

生まれつき原因不明の側弯もありますが、大部分は後天的な要因で側弯が進行します。姿勢の意識・体の使い方・運動不足が大きな要因です。

 

背中の後弯や側弯が大きくなると、頭痛・めまい・耳鳴り・首の痛み・肩こり・腰痛の原因だけでなく循環器・呼吸器など内臓疾患にもつながります、動作に制限ができ生活の質が落ち、体が衰えていきます。

 

若いうちから姿勢・動作に気をつけ体を鍛える習慣を持つことが背骨の変形を予防するのに大切です。

背骨のS字カーブを保ち、側弯を予防するには?
  • カイロプラクテイックアジャストメント
  • 毎日、壁を背にして立つ
    踵・お尻・背中・肩(胸を開いて)・頭を壁につける。腰と壁の間のスペースは手の厚みになるようにお腹に力を入れる。自分の重心を確認し、その差を埋めるように意識する。頭を壁に近づけると苦しい場合は、できるだけ頭を壁にづければOK.

    生まれつき後頭部が大きい場合は、壁から少し離れて立って重心を確認する(他人に確認してもらうとよい)

  • 座り方: 腰・背中を丸めて座らない
    座り方が背骨に与える影響は大きいです

    腰のクッションを利用するなど腰のカーブを作って背もたれを利用して座る。30分から1時間経過したら一度立ち上がり体を伸ばし動かしまた座る。 

    和洋折衷の生活スタイル
    床に座って生活される方は背中が丸くなる傾向があります。一方、床に座らず椅子に座るだけの生活をすると、股関節・膝関節・足首が硬くなります。

    椅子に座る生活を基本としながら、床に正座やあぐらで座る時間を少し作ると体の機能維持にいいと考えます。

  • 体を大きく使う体操習慣をもつ。
    首・肩甲骨・背中・股関節を特に意識して

     
  • 体幹を鍛える
    首~臀部までを意識して

     
  • 筋肉を作るたんぱく質を毎日しっかりとる。
    背骨を支える筋肉を衰えさせない

     
  • 鉄棒などにぶら下がる 
    健康器具として公園にある。通販で購入するのもいいでしょう。筋肉・背骨が伸びます。但し、すでに腰椎椎間板ヘルニア・脊柱管狭窄症・腰椎滑り症など、脊椎疾患がある場合はやめましょう。
  • バランスボールで背中を伸ばす
    若いうちからやっていると無理なくできますが、体が硬くって難しい方は、床に寝て手足を大きく伸ばすでいいでしょう。

  • 骨を丈夫にする
    背骨を圧迫骨折すると、背骨の後弯・側弯が大きくなる。そうならないように骨を丈夫にするように心がける

    運動:
    跳躍・スクワット・腕立て・歩くなど 骨に振動を加えることが大事。車・自転車に依存せず、毎日歩く時間を作る。

    ビタミンD: 
    できるだけ太陽の光を浴びる、ビタミンDを含んだ食品・必要に応じてサプリメントをとる

    カルシムを含んだ食品をとる 小魚・乳製品など

Cf.~高齢者に多い骨折~

背骨:脊椎圧迫骨折

股関節:大腿骨近位部骨折

肩:上腕骨骨折

手首:橈骨遠位端骨折

 

年を取ると若いときには考えられないことで骨折します。

転倒で、介護で人を抱えて、布団を持ち上げて ベットから落ちて 

などいろいろな状況で簡単に骨が折れます。

骨粗鬆症が原因ですが、筋力が弱い、筋肉・関節が硬いのも問題です。

骨の衰えを防ぎながら、筋肉の強さと柔軟性をできるだけ維持・発展させることがが健康長寿に不可欠です。

トップページ

お問合せ・ご予約はこちら

目白ファミリーカイロプラクティックについて「わからない点」「ご相談」「ご予約希望」などは、お電話もしくはお問合せフォームから今すぐお気軽にご連絡ください。お問合せを心よりお待ちしております。

なお、営業関係の電話は、日時にかかわらずお断りします。営業関係のお問合せは、メール、または、お問い合せフォームからお願いします。必要に応じて、ご返答します。

まずはお電話でご予約下さい

よくあるご質問
  • カイロプラクティックってどういう施術?
  • 〇〇〇な症状には効くの・・・?
  • 骨粗鬆症だけどカイロを受けて大丈夫?
  • 自分のつらさを周りの人に理解してもらえない。誰かに理解してもらいたい

体の悩みを1人で抱えずにお気軽にご相談下さい。

電話でのお問合せ・ご相談・ご予約はこちら

営業時間
<平日>  10:00~20:00  
<土日祝> 10:00~18:00    定休日:水曜日

完全予約制・予約優先制、当日予約OK!
まずは、電話でご相談を。

院長はこんな人

カイロプラクター 大竹 城久

カイロプラクティック発祥の地アメリカの「パーマーカイロプラクティック大学」を卒業。「アメリカのカイロプラクティック国家資格」と「州資格(カリフォルニア州)」を持つ、日本では数少ない正規のカイロプラクター。

院長紹介はこちら
 

パーマー大学の
卒業証書

約3年4ヶ月〈10学期)の長きに渡るDCプログラムを修了した証明書。

カイロプラクティック,ナショナルボード

アメリカカイロプラクティック国家試験(カイロプラクティックナショナルボード、Part I,II,III,IV)の合格証。PTのもあります。

カイロプラクティック,カリフォルニアボード

アメリカでは州ごとにもライセンスが必要です。卒業後、カリフォルニア州で働いていたので、カリフォルニア州のライセンスのみあります。

院概要・アクセス

目白ファミリー
カイロプラクティック

代表者:大竹 城久

院長紹介はこちら

住所・アクセス

〒161-0033
東京都新宿区下落合3-17-37
プロスペリティS目白405号
JR目白駅 徒歩3分

お気軽にご連絡ください。

営業時間・定休日

平日  10:00~20:00
土日祝 10:00~18:00
定休日:水曜日

お気軽にご連絡ください。

営業日・営業時間はこちら

ご連絡先はこちら

完全予約制・予約優先制

03-3953-9995

dcotake@gmail.com

院概要・アクセスはこちら

お問合せフォームはこちら

カイロの有効性レポート

”そのニュース聞いたことある!カイロプラクティックケアは、腰痛に対しては病院の医療より経済的で安全だということを”  マグナレポート

1993年発表の、Ontario Ministry of Healthにより委託された公平・独立な研究レポートの中にある一節

原文はこちら

お問合せ・ご予約

完全予約制・予約優先制
当日予約もOK!

03-3953-9995

ご予約は、電話またはお問合せフォーム・メールでお願いいたします。

体の悩みを1人で抱え込まずにお気軽にご相談下さい。